狩江写真日記 史跡探訪⑤

更新日:2015/12/24

孤独の世界でみる夢は・・・

すこしばかり寝てましたが再開します。

今回は枝浦地区の祇園神社です。

私が「ぎおん」で一番に思いつくのは、「祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり 沙羅双樹の
花の色 盛者必衰の理をあらわす云々」の平家物語とか、京都祇園の華やかなイメージではあり
ません。
「ちりめん」です。
ちりめんじゃこ(カタクチイワシの稚魚)の方です。狩江あるあるの一つです。

まあそれはさておき、訪ねてみましょう。

ここを登って行きます。              登ると狩浜の湾がきれいに見渡せます。
写真1  写真2

さらに登ります。運動不足の私には少々きついです。          なんとか到着(汗
写真3  写真4

小さな祠がぽつんとあります。地元の人は「ぎおんさま」と呼びます。写真を撮影したのは夏ですが
きれいに除草・清掃されてました。参拝者も多いのでしょう。

写真5

枝浦地区をさらに2つに分けた門之脇地区の神様で、むかしの夏には「ぎおんまつり」が盛大に行わ
れていました。現在も、夏になると地区集会所で舞踊や催し物をしてお祝いしています。

     【経路図】

図1