狩江写真日記 心の風景①

更新日:2016/05/12

今回より、前任者からバトンを受け取った「二代目ひぐらし」が担当します。
前任者は、主に狩江地区の史跡を書いておりましたが、さて私は何を書いたら
いいのだろうか・・・。
「写真日記」ですから、やっぱり写真からいろいろ語るのがいいんだろうけど、
話しのネタが続かなければ、う~ん・・・迷いに迷った結果、ヒラメキました!

実は、こんな私にもマイブームがあって、あるTV番組にハマっております。
NHK・BSプレミアムで放送中の「にっぽん縦断こころ旅」がそれです。
思い出の場所がつづられた視聴者からの手紙を元に、火野正平さんが自転車で
尋ねていく旅番組で、キメ台詞は「とうちゃこ~(到着)」です。
割合と長寿番組ですし、4年前には明浜町も放送されましたからご存知の方も
多いかと。
これこれっ!狩江地区の風景写真から、その場所にまつわる私のエピソードを
載せていこうと。

そんな訳で、第1回目の心の風景は、狩浜地区の西の玄関口「フィッシング
センターから見た宇和海の風景」です。
フィッシングセンターへは、中学校時代に遠足で年に1回足を運びました。
毎年春、学校行事として通っていた中学校から歩いてフィッシングセンター
まで、休憩しながら海沿いの道を歩くこと数時間。
たどり着いたフィッシングセンターからの宇和海の景色がとてもよかったこと
を今も覚えています。
我が家も海が眺められるところにあるのですが、それとはまた違った感覚に
包まれたことも記憶に残っています。
遠くの対岸には、吉田町や宇和島市の山々の風景が見えて、着いたあとでも
ワイワイ遊んだ記憶は、いつまで経っても色あせずに心に焼きついています。
そして、帰り道がなんだか寂く感じたことも覚えていたりします。

あれから15年余り、久々にフィッシングセンターを訪れてみました。
当時とは少しばかり周囲は変わりましたが、宇和海に映える風景は、あの日
あの時のままでした。

お伊勢山1

お伊勢山2
ここにはもう一つの思い出があります。今から18年ぐらい前に、国際交流事業が
あって、韓国や中国からの留学生の方々と1泊2日の交流会に参加した時の2日目
が、ここフィッシングセンターでのお花見会でした。
桜の季節には花見にもってこいの場所の一つです。
今年もお伊勢山(フィッシングセンターのある地名)の桜は一斉に咲いて、そして
散っていきましたが、あの時に一緒に桜を見上げた留学生さんは元気にしているのか
なぁ・・と、ふと思い出しました。

お伊勢山3

お伊勢山4

日々の業務に追われている私ですが、狩江地区の自然豊かなすばらしい風景が癒しに
なればと思い、仕事も執筆も(!?)がんばっていきます。
次回の更新もお楽しみに。

P.N.二代目ひぐらし

追伸:火野正平さんは、こころ旅の番組内で「人生下り坂最高!」と言ってました
が、私自身はその逆。「人生登り坂の真っ只中!」です。
おもしろかったとか内容がよかったとか、もっとこういう記事を書いて欲しいなど、
住民のみなさんや読者のみなさんから寄せられるご希望にもお応えしようと思いま
すので、よろしくお願いします。