重要文化的景観事業

更新日:2020/11/10

狩浜地区門ノ脇のO家オリヤ養蚕の屋根瓦の修復作業が始まっています。

この建物は、里山、段畑、集落、里海という景観単位の集落に属し、生活または生業的特性の

重要なものとして位置づけられています。

明治期に養蚕が本格的に導入され、大正に入ると居宅兼蚕室が多く建てられたそうです。

木造二階建ての「オリヤ養蚕」として現在も当時の姿が確認できる貴重な建築物です。

その修復事業として今、屋根の工事が進んでいます。